カウンセラー紹介

沢渡和(さわたり かず)
 外資系企業で経営コンサルタントとして活動中、ある一冊の本との出会いをきっかけに突然オーラやチャクラが見え始める。以後スピリチュアルマスターであるヴァイワムスとのチャネリングを通して独自のオーラ・チャクラ理論を構築。チャクラの探求を深めていくにつれ、人が意識の明晰さと自然さを取り戻すためには、心理的障壁や思い込みを取り除いていくことが最も重要であることを指摘し続けている。リラックスした雰囲気のなかで行われるセミナーや個人セッションは口コミで拡がり多くのファンを持つ。地に根ざした明解で分かりやすいセミナーで、多くの人が自らの可能性を拡げていっている。

智穂ゆり子 (ちほ ゆりこ)
 幼少時より海や緑、イルカやクジラと慣れ親しむ中、友達と接するように妖精と普通に会話を楽しんできていた。ある時、そうしたことは普通ではないことに気付き「なぜそうなのか」と探求をはじめる。製菓や手芸の講師をしている時にも、多くの食べ物や植物の妖精がその仕事に協力してくれていたこと実感。その後、「たくさんの人に自分たちをもっと知りつながってもらうために広めて欲しい」と妖精にいわれ、メッセージをより多くの人に伝えていくことを決意。妖精とマスターからのメッセージなどを通して、「本来の自分」を取り戻すお手伝いをする。その他、その方の妖精のエッセンスやアクセサリーも好評を呼び、活動の幅を拡げている。