ボロブドゥール寺院

「オーラの層を旅する」
ボロブドゥールが今のような姿を現すまで、1200年以上の時が必要でした。それまでは土に埋もれて発見されていなかったのです。おそらく何らかの力によって保護されていたのでしょう。今のように寺院内を歩けるようになってからまだ20数年しか経っていません。
ボロブドール寺院の構造はオーラの構造と酷似しています。
つまり私たちの輪廻そのもの、人生そのもの、意識のあり方、エネルギーのあり方そのものを示しています。人生すべての構造と進化の様子を象徴しています。また寺院の全体像を見る者とその中を歩いている者との両者の視点が完全に意識されて設計され創られています。そのため我々もボロブドゥールと接しているときは自然とこの両者の視点を獲得しているのです。そのため意識は無限に深まっていきます。回廊を歩くことで、あなたは過去と現在と未来をつなぎ、細分化された意識の断片をつなぎ、高次のあなたと低次のあなたを理解し天と地をつなぎ、今のあなたのなかでそれらをひとつにしていきます。そして自らの人生に対して何らかの展望を持つことでしょう。曼荼羅絵を見た者は無数にいれども、曼荼羅のなかに入りこみながら曼荼羅を眺めた者はいないはずです。ボロブドゥールではそれが可能となります。立体的建立物ならではといえます。1200年前に出来上がった当初のボロブドール寺院は曼荼羅色をしていたそうです。
是非皆さんも一度この寺院の回廊を歩いてみて下さい。ボロブドール寺院に隣接するホテルに宿泊しますので自由に行き来が出来ます。またツアーではセミナーを通してサポートしていきます。バリ島でも多くの自由時間を満喫出来るスケジュールとなっています。